携帯を買い取ってもらう時の注意点 | 【携帯買取】最高額で買取る業者はここ!


携帯を買い取ってもらう時の注意点

新しい携帯電話やスマホを買う予定ができた時、古い携帯電話を現金化するため携帯電話買い取りサービスがおすすめです。そこでこのサービスを利用しようと思った時、まだ携帯電話料の支払いが残っている場合には、この取扱はどうなるのでしょうか?

一般的には、携帯電話の本体の代金の未払いのある携帯電話は携帯電話買い取りサービスでは買い取りの対象になりません。この場合、実質0円という場合と、、一括0円という形態で購入手続きをした場合取扱が異なるので、この辺りは注意が必要です。一括0円の場合は問題ありませんが、実質0円というのは確認が必要です。実質0円は規定の使用期間を過ぎた場合に、割引金額が差し引きで0円となる仕組みなので、それ以前の携帯電話である場合には、支払い残金がのこっているという状態になっています。

支払い代金が残っている場合には、本体にロックがかかってしまい、その端末で発信することが出来ない状態になってしまいます。こういった場合には買取業者の買い取りの対象外になってしまいます。これをすぐに簡単に確認するには、ネットワーク利用制限確認サイトというサイトを利用すればそれほど手間がなく確認することが出来るでしょう。

しかし、支払い代金が残っている場合でも、アイフォンだけは可能という場合があります。アイフォンの場合には海外に販売されるせいか、例外という扱いになっています。こういう場合にもアイフォンは強いんですね。